容疑者と同じ環境・境遇の人間から見た心理状況

TVのコメンテーターにはわからない事が見えてくる・・?

秋葉原で起きた連続殺人事件の報道で、ネットへの書き込みにより容疑者のこれまでの境遇などが明らかになってきましたが、私がこの容疑者の環境などに共通点がある事が解りました。
社会を恨んで事件を起こす人によく「もっと不幸な人もいる」と言う事があります。
だけど、自分とあまりにかけ離れている人の例えでは、容疑者だけでなく、あまり心に響かないと思います。
TVの出演者や司会者などお金も名誉もある人が言っても、人事の様に聞こえます。
では、容疑者と同様の人間ではどうでしょう?
あえて容疑者と私の共通点を挙げて、容疑者の主張がどうなのか検証してみたいと思います。

■「もてない」「友達がいない」/孤独について
◆容疑者:彼女なし
◆私:容疑者と同年齢ではなし

報道によりばらつきがありますが、書き込みなどを見る限りでは、どう考えても「もてない事」によるひがみや孤独感が一番の理由です。

「トラックのタイヤが外れてカップルに直撃すればいいのに 」
「彼女がいることが全てなのか?  それが全てですが何か 」

自分が女性にもてないという愚痴、カップル、彼氏のいる女性、イケメン男性に対するひがみに関しては自分も心の中では同様のものがあります。
しかしこのような想像上の“罰”を実際にする事は理解できません。

また、一部マスコミで容疑者がアニメなどが好きでいわゆるオタクであるかのような言われ方をされましたが、容疑者は“二次元”よりも現実の女性に強い関心を持つごく普通の男性です。

■顔について
◆容疑者:容姿の悪さにコンプレックスあり
◆私:コンプレックスあり
「不細工だから   終了 」「 顔が全て 」
「 顔だよ顔   全て顔   とにかく顔  顔、顔、顔、顔、顔 」

このように、とにかく自分の顔の悪さを執拗に気にしており、それが人間関係の上手くいっていない原因だと考えています。
そんなに気にしており
重大と捉えているならば、整形をすれば良いのです。
私も同様に顔というか、歯並びの悪さを以前から気にしていましたが、歯科矯正を始め、ネットで公開しています。[出っ歯くんの矯正歯科治療体験!http://kyouseideppa.seesaa.net/]
容疑者も愚痴をネットに書き込むくらいならこのようにすればよかったのではと思います。しかし、他の人の書き込みと思われる

「てかプチ整形ならできるじゃん  目を変えるだけで変わるよ 」

というアドバイスがあったにも関わらず

「整形できる金があるならとっくにしてる  100万200万のはした金じゃ全然足りないんだよ 」

と、よく調べもせず勝手に諦めています。最近はプチ整形というものが流行り、200万円あればなかり顔の印象が変えられます。また眼鏡からコンタクトに変えるだけでも随分印象が変わると思います。
“貯金”というフレーズがありましたので、わずかながら貯金があったのでしょう。であれば整形はできます。「派遣」であっても銀行などからお金を借りることも可能です。
実際に私は貯金が無いながらも分割ローンで歯科矯正を行っています。
それを解決方法があるのに調べもせず、実行もせず、というのは頭が悪すぎます。

■派遣とリストラについて
◆容疑者:派遣社員として勤務/リストラ予定との噂あり
◆私:派遣社員歴7年/リストラ経験あり
私はアルバイトと派遣で10年以上仕事をしており、職場も20以上変わっています。
その辺の厳しさや辛い経験は、容疑者よりも数倍知っています。

「どうせ今月でクビだもん、好き放題やらせてもらう 」

また、事件のきっかけの一因のようなリストラですが、容疑者は自分で思い込んでいたようですが、私は現実に経験しています。
電話対応の仕事でしたが、3ヶ月で問い合わせが減ったために部署の人員削減で社員以外の派遣が終了となっていました。
容疑者には、実際に正式にクビになってから愚痴を言え!と言いたい。

そして失敗ばかりとか負け組みとかチャンスが無いとか言いながら殺人という行為においては最悪な事に予定通り遂行してみせた。
これこそが失敗してほしかったのですが。
この分析で、容疑者の行動が身勝手な思い込みで、理論的におかしいと言うことが解りました。
容疑者は全然不幸ではありません。私を勝手に終了させないでいただきたい。
容疑者の言う「犯罪予備軍」の人に言いたいのは、容疑者や私の上記のような状況であっても、殺人の理由にはなりません。

[白石ニョッキー/オーマイニュース掲載記事]

| | コメント (0) | トラックバック (2)

就職の面接に15分前到着は非常識?

15分前到着で怒られた面接の体験談です。

就職の面接、いや就職に限らず、「面接」というものは時間ちょうどに開始するのがよい、というのは常識ですが、例えば少し早く到着してしまった時に、どのくらい早く行っても大丈夫なのでしょうか?
さらに細かい事を言いますと。就職で言うと例えば「10:00から面接」というスケジュールだったとして、その会社前に9:40に到着したとします。
多くの会社では、会社に到着したら受付の方か電話で取り次いでもらい、それから面接の部屋に案内していただき、それから面接担当者が現れ面接が開始されます。
ですからその場合、10:00に受付の電話をしたとしたら、「遅刻」ととられてしまう場合があるのでは?と考え、私はだいたい受付に5分前くらいに電話するようにしています。さらにちいさな会社などでは、2、3分前に伺うようにしています。

しかし、「1分でも遅刻はいけない」というのはわかるりますし、「あまりにも早すぎるのも迷惑」というのはわかるのですが、予定時間より早かった場合、どのくらいになると位がその境目なのでしょうか?

なぜ、こんな疑問を持ったかと言いますと、実はこんな面接を体験したからです。

以前、とある食品会社の求人に申し込み、面接を受ける事になりました。
私は当日、面接予定時間の30分前くらいに会社に到着しました。
さすがに30分前はまずいな、と思い、時間をつぶして15分前に「少し早いけど、大丈夫だろう」と思い受付に行き、面接用の部屋に通されました。
まず最初に、人事担当者の方が現れ、募集内容の確認や会社の説明を聞きました。
説明が終わる頃、「現場の責任者」という男が現れました。
私があいさつをすると、その男は名刺を出し、無言で机に無造作におき、片手で私のほうに押しやりました。
私は驚きました。
いくつかの派遣会社で基本的なマナーを教わっていました。名刺交換に関しては「立ち上がって、両手で名刺を持って丁寧に渡すのが常識」と教わったからです。

そしてその男はさらに「15分前に来たでしょ。そういう常識外れのことをするようでは無理だね」と、その場で「不採用」というような事を言いました。

自分としては、「たしかに少し早すぎた」とは思いますが、名刺の渡し方といい、その男のふてぶてしい態度といい、「どっちが非常識なんだよ」という気持ちでした。
たしかに以前本で、外国の「ある国では時間前に訪問するのは失礼にあたる」というのをよんだ事があります。
しかし日本ではそこまで「失礼」ということはないと思います。
ましてや、「即答で不採用」となるほどのミスではないと思います。

「面接予定時間15分前に訪問」はそんなにまずいことなのでしょうか?

最初に書いたとおり、5分前くらいに行けばいい話しなんですが、「一般的な常識とは?」と思い書きました。
[白石ニョッキー/オーマイニュース掲載記事]

| | コメント (0) | トラックバック (1)

私も「大事な人形を捨てられた」経験があります!

「ネットで反響を呼んでいる問題について同じ経験があるんだな・・。」

最近、質問投稿サイで、「夫が4歳のころから集めていた大量の人形を、夫が仕事に行っている間に無断で捨てたらケンカになった。どうすれば夫を反省させられるか?」(アメーバニュースより引用)という質問について、コメントが殺到し、その事が話題となっています。

実は私も同様の経験がありました。自分は幼少の頃は特撮物やロボットアニメが大好きで、今でいうと「特撮マニア」と言えるほどでした。そして、親に買って貰ったり、近所の人に譲って貰ったりして、沢山の「調合金」を持っていました。覚えているものを挙げると、ゴジラ、キングギドラ、ロボコン、マジンガーZ、鋼鉄ジーグ、コンバトラーV、ボルテスファイブなどの調合金それと「ガンプラ」こと、機動戦士ガンダムのプラモデルも多数持っていました。

私も3、4歳から集めていて、これらのおもちゃは公園や近所など、外で遊んでいました。そして、小学校高学年の頃に、「いつの間にか捨てられていた」事に気づき、大変なショックを受けました。私は反抗期などは無かったので大喧嘩にこそなりませんでしたが、少年時代で最もショックで怒った出来事でした。 他人からは全く価値の無いもの、さらにはゴミ同然に見えるものでも、本人にとっては宝物である、ということはよくあります。 話題となっている奥さんは、決して悪気はなかったと思いますが、少し安易ではなかったかと思います。

結婚している旦那さんの趣味、そして「人形を大事にしている」事くらいわかりそうなものですが・・。仮に、秘密にしていたとしても、「人形が宝物」というのは決して珍しくはないと尾見ます。ましてや最近は「オタク」というのが盛んに話題となっている時代です。そのあたりの想像は難しくないと思います。 逆に、もしかしたら、奥さんは夫が「オタク」だと思い、それを辞めさせたくて捨てたのでは・・?なんて読みは深読みでしょうか?それならばまた、問題が変わってきます。 ただ、いずれにしても「捨てる」というのは安易な選択だと思います。ものにもよりますが、20年、30年前の人形でしたら、かなりの価値のあるものもあった可能性があります。

私の例でいいますと、その頃から「昔のおもちゃの中には価値のある物がある」という事が言われていましたし、数年後には「鑑定ブーム」が来ました。私が捨てられたおもちゃを今でも持っていたら、売値は軽く10万円は超えていたと思います。そういった部分も「捨てられた怒り」に含まれています。 せめて隠すとか、最低でも売るとかにすればよかったのではないかと思います。マニアにとっては趣味やそれに関係する物は生きがいなのですから、もう少し理解をしてあげても・・と思います。 [08/04/30 白石ニョッキー/オーマイニュース掲載記事]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「借金を減らす」債務整理の体験談!

「クレジット・ローンで苦しまない為にも・・。」

私は以前、消費者金融からお金を借りていました。最初は1社でしたが、次第に増えてしまい、最終的な合計金額は消費者金融2件と銀行のクレジットローン1件、合計150万円近くにのぼってしまいました。そんな時に、広告で「債務整理・任意整理」という言葉と、「借金が減る可能性がある」というのを聞き、関心を持ちました。

まずはインターネットで「債務整理」といれて検索すると、沢山のホームページや広告が出てきました。いくつかの弁護士事務所のHPを見て、「無料メール相談」のある弁護士事務所に質問のメールを出してみる事にしました。(参考資料:『無料相談のページ』山王総合法律事務所 )すると、すぐに返事が返ってきて、私の場合でも借金が減る可能性が高いという回答が来ましたので、実際に債務整理をして貰う事に決め、弁護士事務所に行きました。

手元にある各消費者金融、銀行の契約書や、その他資料を全部持って行き、見て貰いました。結論としては、「現状で支払っている利息を少なくする事が可能」との事で、法律で利息の幅があり、今は一番高い利息で払っていて、弁護士に債務整理を頼むと利息を一番低いものにして、さらには余分に払ってしまっている分を取り返してくれるらしいのです。「自己破産」という言葉も知っていたので聞いたところ、私の場合は借入額が少ない為、無理との事でした。自己破産については「借金が無くなるがペナルティなどがあり、審査が厳しい」という事を言われました。 そして、正式に手続きをし、弁護士に債務整理を依頼しました。最後に弁護士と面談をして、「きちんと残りの返済と依頼料金を払う」という約束と、「返済が完了するまでの間は、借金ができなくなる」という説明を受け、承諾し手続きの終了となりました。

それから2年くらいし全ての支払いが終了しました。結果的には弁護士に債務整理を依頼しなかった場合と比べて、30万円くらい負担が少なくなりました。もちろん弁護士に支払った依頼料金を抜いてです。 自分の場合は、法律の専門家に頼みつつ、自分でもきちんと返済、支払いをすることができました。借金で苦しまれている方には、一度弁護士に相談してみる事をお勧めします。 [白石ニョッキー/オーマイニュース掲載記事]

| | コメント (0) | トラックバック (3)

「せんとくん」を「どうにかせんと」と一般公募開始!

「名前が決まりました。私の名づけた名前はどうなったん・・?」

TVやネットで大きな話題になった「平城遷都1300年祭マスコットキャラクター」については以前、「キモカワ・キャラの愛称募集が終了、選ばれるのは…?」

http://www.ohmynews.co.jp/news/20080314/22119

で記事を書きましたが、ついに名前が決定しました。名前は「せんとくん」だそうです。(4月16日 毎日新聞よりhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080416-00000018-maiall-soci

この名前には最多の337件もの応募があったそうです。だいたい、キャラクターの名前に選ばれるのは、「わかりやすい簡単な名前」であるのは承知していましたが、どうしても「そのままじゃん」と、突っ込まずにはいられない名前です。私の名づけた「しかぞー」は落選してしまいました。余談ですが、テレビで、漫画家のやくみつる氏が「ニョッキー」(角が生えてるから)と、私の芸名を名づけていました。 正直言って、ネットやマスコミで騒がれたおかげで「すっかりなじんでしまった」このキャラですが、反対する団体が、一般公募を始めました。「クリエイターズ会議・大和」http://creators-yamato.net/ あの騒動で大きくネゥト・マスコミで取り上げられ、その露出は物凄い量でした。今では超有名キャラとなってしまい、人々もだんだん「きもい」とか「怖い」とか、思わなくなってきているのではないでしょうか。この「すでに出来上がっているイメージ」を壊すのは難しいです。こうなったら新しいキャラは、「せんとくんよりもっとキモいキャラにする」しかないのでは・・・?

[08/04/17 白石ニョッキー/オーマイニュース掲載記事]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

児童ポルノの違法化、アニメや漫画、ゲームの表現もというのは反対

「「臭い物にふた」方式では一般ユーザーが泣きを見るだけなんです。」 児童ポルノの規制を厳しくするべく、「なくそう!子どもポルノ」というキャンペーンが始まり、ネットで署名の受付が始まりました。 今回の要望では、「アニメ、漫画、ゲームソフトなどと、18歳以上の人が児童を演じるようなビデオなど」が「準児童ポルノ」としてて違法化するよう求められるとの事です。 私は特別こちらの方面の趣味はありませんが、アダルト関連については保守派なので、この要望には個人的には、ちょっと厳しすぎやしないか、思いますし、安易すぎやしないかとも思います。

その理由としてまず、『一番大事な事は何か?』という事です。『一番大事なのは、性犯罪を無くすことだと思います。その為には他にもいろいろとするべき事があると思います。もちろん、「犯罪を誘発するような商品を規制する」という言い分はわかりますし、たしかに性犯罪を無くす為に必要かもしれません。しかし、「性犯罪の罰則を重くする」事や、「性犯罪歴のある人間の管理や情報公開」などの改革、さらには教育など、するべき事が多数あるのに、なぜ規制に走るのでしょうか。

これでは「臭い物にふた」方式です。おそらく一番簡単な事だからでしょう。さらに、穿った見方、ひねくれた見方をしますと、提案された方々は「ポルノに興味が無い」のはもちろん、「ポルノの存在が不愉快」で、なるべくなくしたいのではないでしょうか?どうも感情的になっている面が感じられます。全く興味も関係がない人間が、「○○を無くせ」というのは簡単です。ですがそれでは犯罪は無くなりません。

本来、『アダルトビデオ(DVD)や風俗は、犯罪抑止の為にある』と思います。エロな気分になった時に、その気持ちを処理するものであり、それがある事で、性犯罪や痴漢をしないようになると思います。一般の常識のある人々はそういった商品で代用し、満足しているのです。それは犯罪をしないようにする為なのです。しかし、極端な話ですが、そういっいた商品が無くなってしまったらどうでしょう?欲望が爆発して犯罪を犯してしまうのではないでしょうか。もちろん、商品があったせいで影響され、犯罪を犯してしまうケースもあると思います。しかしそれはただのきっかけです。

性的欲望は生まれもってあるものなので、無くすことはできないのです。その事を、「性的欲望がない、あるいは少ない方々」は考えていないのです。このままではどんどんエロが規制されてしまうとすると、多くの男性にとっては深刻な問題です。「子供を守る」とは言ってはいますが、男子中学生、高校生のエロは守らなくて良いのでしょうか?男子中学生、高校生にとってはエロビデオ(DVD)やエロ本が最大の興味であり、青春なのです。そして、エロから人生のいろいろな事を学ぶのです。

というわけで、「なくそう!子どもポルノ」キャンペーンには反対というか、方向性を代えて「性犯罪の厳罰化」の「性犯罪歴のある人間の管理や情報公開」などの方向に進んでいただきたいと思います。 この意見に反対の方、「なくそう!子どもポルノ」キャンペーンに賛成の方はユニセフhttp://www.unicef.or.jp/special/0705/index.htmlでネット署名をしてみてはどうでしょうか。

[08/03/17白石ニョッキー/オーマイニュース掲載記事]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脳内検索メーカー、脳内ブログメーカーを使ってみました。

「人気となった「脳内メーカー」の新バージョンです。」

「誰もが一度は使った事がある」と言ってもいいくらいのアクセス数で大人気となった「脳内メーカー」の新バージョンを、gooがうそこメーカーとの公式タイアップで提供をはじめました。 「脳内検索メーカー」(http://brain.search.goo.ne.jp/)が2月20日から、そして「脳内ブログメーカー」(http://blog.goo.ne.jp/portal/brain_blog_maker/)が3月11日から提供されました。 そこで、さっそく自分で使ってみました。「脳内検索メーカー」は、ワード(基本的に名前を入れるのが面白い)を入力すると、その人物が「検索したがっている」ものが文章と絵で(脳の中の分布図として)表示されます。また、隣には(PCの場合)そのワードでのHPの検索結果も表示されます。自分の名前<白石竜次>で検索してみると、

------------------------------

『白石竜次の脳は イケイケで恋愛のコツを 何を差し置いても滑舌が悪いを 激しくヨーロッパ周遊を やっぱりご祝儀の金額を ワクワクと有給休暇を 検索したがっている。』 ------------------------------

と、表示されました。こういうものは、人物が浮かんでこそ面白いので、有名人を使ってやる事にしました。今注目されている人という事で、「Yahoo! 検索ランキング」(http://searchranking.yahoo.co.jp/)を参考にし、何人か試してみました。

■ジュニーニョ(サッカー・川崎フロンターレのブラジル人選手で、日本への帰化申請をし、話題となっています) ⇒『ジュニーニョの脳は ドーンとYUIの歌を マジで加藤茶を 素っ気なく痩身エステを ドヒャっと去り際を 検索したがっている。』・・・「ドヒャっと去り際を」というのが意味ありげですね。

■折口雅博 (グッドウィル・グループ会長兼CEO。退任を発表した。) ⇒『折口雅博の脳は 素っ気なく仕手筋を 今日もぬらりひょんを いつのまにか民明書房を なんとなくビビン麺を 実は今冬将軍を 検索したがっている。』・・・「今日もぬらりひょんを」というのが笑えますね。 それから有名人で面白そうなところで

■福田康夫(内閣総理大臣) ⇒『福田康夫の脳は 知能犯のようにバベルの塔を 左手でコーラアップを とにかくトカトントンを 致命的に茶魔語を ガッとばかりにミルクホールを 検索したがっている。』・・・茶魔語を使ったら、さずかし面白いでしょうね・・。 「脳内ブログメーカー」も同様に名前などを入れると、脳が書きたがっているブログの文章が表示されます。

■白石竜次 『2008年03月12日今日、スーパーですごいもの発見した!なんと平べったいぶどうぶどうは大好きだけどやっぱ平べったいなんてありえない!』

■福田康夫 『いえーい!!宝くじが当たっちゃった。 すごいうれしい!! 思わずもらしちゃった(゜∀。) 』

「脳内ブログメーカー」は、文章次第でどうにでもなるので、面白さはもうひとつというところです。どちらも、ちょっとした暇つぶしとしては楽しめると思います。 [08/03/14 白石ニョッキー]

| | コメント (0) | トラックバック (3)

大人気の平城遷都1300年祭キャラの愛称を応募!名前はどうなる?

「大人気のマスコットキャラクター愛称募集が締め切りなんだな。」

このところ、TV、ネットで話題になっている「平城遷都1300年祭マスコットキャラクター」ですが、もともとは協会ホームページで「愛称を募集」した事から始まりました。「このキャラクターを認めたくない」と思いで一部の市民のかたが批判運動を始め、その運動の効果からか大変な話題となり、TVも連日報道するほどの騒動になったわけですが、この宣伝効果により全国の多数の人々がマスコットキャラクターを知り、今では大変有名なマスコットキャラクターとなってしまいました。

知事も認めているようですし、もはやこのキャラクターは決定しただけではなく、定着もしていると思います。反対された方は悔しいと思いますが・・。

そして3月12日にこのマスコットキャラクター愛称募集が締め切られました。全部で1万4539件もの応募があったという事です。自分も、このマスコットキャラクターの愛称を考えて応募してみました。応募された名前には「童子」「角」「鹿」「奈良」「平城遷都」などの言葉が多かったということです。自分も鹿の角が生えていることから『しかぞー』と名づけて応募しました。 マスコットキャラクターというのは、「わかりやすい」とか「おぼえやすい」というのが普通ですから、みんな似たような名前になるのは必然だと思います。

ただ、これほどの斬新なマスコットキャラクターで、多くの批判をされるようなマスコットキャラクターですから、その名前がどうなるのかにも注目が集まります。名前も変わった、「気持ち悪い」名前にするのか、逆にかわいらしい名前がつくのか・・。発表は4月中旬予定だそうです。まず間違いなくTVで報道されると思いますので、期待して待ちたいと思います。名前が決まると、またその名前で批判が起きたり議論になりそうですね。 みなさんはどのような名前が良いと思いますか?

[08/03/17 白石ニョッキー/オーマイニュース掲載記事]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「花粉症」“シーズン20”を迎えました。

「自分のの経験と花粉症対策はこんな感じなんです。」

私は、20年前から花粉症に悩まされています。当時は「花粉症」という言葉があまり浸透していませんでしたが、今考えると20年前から花粉症でした。当時私は中学生で、テストの時に鼻水が出てずいぶん苦しんだのを良く覚えています。ですから今年は

<「花粉症」シーズン20> 

になります。今シーズンの花粉は2/23にやって来ました。

まず鼻水がドバっと出てだらだら垂れてきます。そしてくしゃみが数回出て、おまけに目も痒くなってきました。この3点セットが花粉到来を告げる合図です。 まさに“春の風物詩”と言ってよいでしょう。 合図が出たら、すぐに対応しなければなりません。昨年は仕事中に合図が出て、鼻水がいくら鼻をかんでも止まらず、1時間足らずでティッシュを1箱使い切ってしまいました。こういう経験は、花粉症の方なら何度もあるはずです。

私の花粉症対策は、普通で恐縮ですが、市販の薬を買って使っています。昔からその薬で止まっているので、同じ薬を使っています。 あとは外出時にはマスクをかけています。仕事場など、暖かいところで鼻水が出やすくなるので、冷たい物を飲んだり、ハッカ系の菓子などを食べたりすると、多少楽になります。時々顔を洗ったり、保冷材があれば冷やしたりするとより良いです。

自分の場合は市販の薬でほぼ止まるので、毎日飲んでいれば、常に止まっている状態です。花粉症のみなさんは、どのような【花粉症対策】をされているでしょうか?

[08/02/27 白石ニョッキー/オーマイニュース掲載記事]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平城遷都1300年祭マスコットキャラ騒動・そこまで騒ぐ?

「かなり批判が続出していますが、そこまでの事かな~?」

「平城遷都1300年祭マスコットキャラクター」の愛称募集が発表され、そのマスコットキャラクターデザインが不評という話題がインターネットで話題になり、さらにはTVまでが報道する騒ぎになっています。

私もマスコットキャラクターを見てみましたが、「たしかにおかしな感じだな」という感想を持ちました。TVの報道によると、奈良の一部の人々が「気持ち悪い」などと強い批判をし、さらには抗議団体まで作っているという状況で、その方々の主張や、作者の籔内佐斗司氏の意見などが紹介されていました。

正直、私には「ひとつのイベントのマスコットキャラクターのデザインが気に入らないからと言って徹底して批判する」理由がよくわかりません。あくまでも報道を観る限りの知識ですが、反対している方々は奈良の方だそうですが、別に平城遷都1300年祭の関係者でもなさそうです。逆に関係者の方はマスコットキャラクターを企画した側だと思います。

現在、「籔内佐斗司の世界」というHP上で、マスコットキャラクターの批判メールに対して、籔内佐斗司氏が一通づつ答えたものが公開されています。それを見ると、読んでいて不快になる、あまりに酷い批判が感情的に書かれていて、それに対して籔内佐斗司氏が冷静に答えています。

これを見て思ったのですが、この批判メールを出した人は、『純粋にマスコットキャラクターが気に入らないという事以外のもの』を感じます。私のうがった見方ですが、この人たちはこの批判騒ぎに乗じて、怒りたい、人に暴言を吐きたい人たちではないでしょうか。マスコットキャラクターが気に入らないのは本当だとしても、その勢いで酷い言葉を言って憂さ晴らししているのではないでしょうか。

普通に抗議したいのであれば、適切な言葉の使い方があるはずです。現に、TVで話をされていた抗議団体の方は、きちんとした話し方をされていました。 それとは違い、ネット(メール)で、匿名で顔ももちろんでないのをいい事に、あえて酷い言葉で、もはや批判とも言えない暴言を吐く・・・このような人間こそ、「気持ち悪い」と思います。

マスコットキャラクターがふさわしいかどうかは別として、きちんと対応している籔内佐斗司氏と主催者がわは、評価されるべきだと思います。 [08/03/10 白石ニョッキー/オーマイニュース掲載記事]

| | コメント (0) | トラックバック (0)