【ひとコマまんが】レッサーパンダのカップルが大人気なら!

「「キス」するレッサーパンダのカップルのようなんだな。」

「じゃあ、これが人気出てもいいんだな。」

赤川崎市幸区の夢見ケ崎動物公園のレッサーパンダのカップルが口元をなめ合うという行為をし、それが「キスをしている」という事で、TVや新聞、ネットで話題になっています。 なぜそんな事が人気になるのかは自分にはわかりませんが、“仲が良い”と言う事なのでしょうか?それなら交尾をしていたらもっと人気になるのでしょうね。。。

【ひとコマまんが】『ラブラブ!カマキリのカップル!』 Kamakiri_25
さらには、交尾をしただけではなく、「相手を食べてしまうといわれている」、

“カマキリのカップル”は、もっとラブラブですし、もっと人気が出たりして・・??

(注:実際にメスがオスを食べるのは、実はごく稀な事なのだそうです。ただ、逆に珍しいという事で貴重だと思います。) [07/12/04 白石ニョッキー]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山田洋行へのこどものお願い!【ひとコマまんが】

「守屋武昌が山田洋行元専務から受けた接待疑惑のひとコマまんがなんだな。」

守屋武昌前防衛事務次官が、防衛専門商社「山田洋行」の元専務からゴルフ接待を受けていた問題に関してのひとコマまんがです。

『こどものお願いシリーズ』 Moriyakodomo_20
[2007/11 白石ニョッキー/オーマイニュース掲載記事]

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ナベツネへの子供からの質問!【ひとコマまんが】

「ナベツネこと渡辺恒雄への純粋な子供からの質問なんだな。」

小沢一郎氏の「大連立、辞意・続投騒動」に、読売新聞本社会長・主筆の渡辺恒雄氏がかかわっていたという事が報道され、いろいろと話題となっています。そこでこのひとコマまんがです。

『子供の疑問シリーズ・ナベツネへの質問』 Nabetsune_25
「ねえねえわたなべおじいちゃん」

「どうしてしんぶんやさんが せいじにくちだすの?」

「どうしてすきじゃないのに やきゅうにくちだすの?」

何故、政治家でない人間が政治を動かせるのか、動かそうとするのか疑問であり、してはいけないと思います。新聞社の社長になれば、政治ができるのですか・・?

この件とは関係ありませんが、野球に口を出すのもやめていただきたい。アンチ巨人の人間だけではなく、野球ファン全てがそれを望んでいます。

[07/11/10 白石ニョッキー/オーマイニュース掲載記事]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エリカ様で子供を教育!【ひとコマまんが】

「エリカ様が嫌いな女1位になったんだな。」 「エリカ様のひとコマまんがなんだな。」(※07/11/09 )

週刊文春が「女が嫌いな女」ランキングの2007年版を発表し、沢尻エリカが1位になりました。このタイミングだとどうしてもそうなりますね。

というかエリカ様は嫌いというより、自分にとっては怖いです。ですから、子供の教育の為に役立てましょう。

【2007年版“なまはげ”】 Erika_25_2

お母様方は、子供さんが言う事聞かなかったりしたら、

『遊んでばかりいると、エリカ様が来るよ!』 と、言いましょう。お子様はとても怖がることでしょう。。。

[白石ニョッキー/オーマイニュース掲載記事]

| | コメント (0) | トラックバック (2)

『NOVAの三猿』【ひとコマまんが】

「NOVA事件の猿橋前社長をひとコマまんがにしてみました。」

報道を見ると、NOVAの猿橋望前社長はとんでもない猿だったんだな! 「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿ではなく、

『NOVAの三猿』

Nova_15_2
【見ざる】・・金ばかり“見る” 金儲け、しかも自分の金儲けばかり考え私利私欲に走る。

【言わざる】・・英語を言うより、好きな物食いまくり食べ物だけではなく、女性までも。。。(あの社長室は、どう見ても女性目的で作られたものです。二人用の寝室があるし。)

【聞かざる】・・人の言う事“聞か猿” 社員の言う事に耳を貸さないワンマン社長。ドラマや映画用にわざと大げさにしたかのようなワンマンぶり。今後、ワンマン社長の象徴となるでしょう。

[07/11/01 /白石ニョッキー/オーマイニュース掲載記事]

| | コメント (1) | トラックバック (2)

恐怖?電車の中での不思議な出来事

実際の体験談です。「怖い話」にしてしまって良いのか?判断は読む方に任せます。

その日、私は仕事の面接に行く為に電車に乗っていた。
朝から雨が降り、肌寒い日だった。平日の午後だったので車内は空いていたので、席が空いていた。
私は席に座り、右側の手すりに傘を引っ掛けた。

しばらくすると、電車は駅に到着し、人が乗り込んできた。
私の隣の席にも人が座った。年配の男性だった。
瞬間的に自分は、「ホームレスの人だ」と思った。
髪も髭も伸ばしっぱなしのように長く、服も皮膚もうす汚れているように感じ。
紙袋を持っていて、おそらく、しばらく風呂に入っていないのだろう、わずかながら異臭を放っていた。
その風貌は、どうみても、“ホームレスの人”であった。
その男性は、特に何をするでもなく、おとなしく座っていた。

しかし私は、大変失礼ながら、何か嫌な感じがしたのと、「臭いに弱い」為に座席を変えたいと思い、立ち上がり歩き始めた。
露骨にならないように、2両先まで行き、なんだかもう他人とは関りたくない気分になったので、開かないほうのドアの前に立ち、ずっと外を見ていた。

しばらくすると、頭の中はこれから行われる面接の事で一杯になった。
仕事を辞めてもう1ヶ月近く経っているので、「そろそろ決めないとやばい」
と思っていたが、年齢も30になり、アルバイトを転々とした職歴の自分には、就職は難しかった。
だんだんと「自分はどこも受からないのでは?」と思い不安になった。
入りたい会社には全く採用されない、だからといってどんな仕事でもできるわけじゃない。
となると、自分はホームレスになるのだろうな・・。と思っていた。
しかしここは前向きにならなくてはいけないと、面接ではできるだけきちんとしよう、と思って自己紹介や言葉遣いなどをシュミレーションしていた。

そんな中、なんとなく、自分の後ろに人の気配を感じた。
そういえば、数分前から気配を感じていた事を思い出した。
電車が混雑してきたのかな?と思い、その人と目が合わないように、目線をずらして少しだけ見てみた。
自分の真後ろには、さっきのホームレスが立っていた。
瞬間的に私は固まってしまった。
恐ろしくて、ちゃんと見れないが、たしかに先ほど隣に座っていたホームレスだ。しかも、座席の手すり(棒)につかまり、私を囲むように立っていて、ちゃんとは見ていないが、じっとこちらを見ているように感じた。

私は「なぜ?」と思い、いろいろ考えた。
たしかにホームレスの人が隣に座って2、3分で席を替えたのは不快だったかもしれない。でも一度もホームレスの人の方を見ていないし、当然嫌な顔、動きは一切見せていない。
しかも2両先に移動していて、その座席からは見えない位置にいる。
仮にそのホームレスの人も偶然席移動してここまで来たとして、なぜ自分の真後ろに、しかも私を囲むように立つのか?
どうみても私に対して何かあるような状況だ。
恐ろしくなった私は、次の駅に止まると、目的の駅ではないが無我夢中で降り、走ってその車両から遠ざかり、ホームレスの人が追って来ない事、その電車が発車した事を確認し、一息ついた。

「恐ろしい体験をした・・・しかし助かった・・・一体、何だったんだ?」
と思い、だんだんと冷静になってきて、ひとつの事に気づいた。
「傘忘れた!」
その直後、さっきの事について、ひとつ仮説が浮かんだ。
「ホームレスの人は、傘を届けてくれたのかもしれない・・」
たしかにホームレスの人は何か持っていたが、恐ろしくてよく見られなかったし、自分の紙袋だけだったかもしれない。
それに、何も声かけて来なかったし・・・。

この出来事は、考え方によっては全然違う話になってしまいます。

しかし、結局、よく考えても何だったのか、未だにわかりません。

【関連ブログ】

| | コメント (0) | トラックバック (0)