« 出会い系サイト取材ライターが見る「出会い系サイト規制法」改正案 | トップページ | 「花粉症」“シーズン20”を迎えました。 »

平城遷都1300年祭マスコットキャラ騒動・そこまで騒ぐ?

「かなり批判が続出していますが、そこまでの事かな~?」

「平城遷都1300年祭マスコットキャラクター」の愛称募集が発表され、そのマスコットキャラクターデザインが不評という話題がインターネットで話題になり、さらにはTVまでが報道する騒ぎになっています。

私もマスコットキャラクターを見てみましたが、「たしかにおかしな感じだな」という感想を持ちました。TVの報道によると、奈良の一部の人々が「気持ち悪い」などと強い批判をし、さらには抗議団体まで作っているという状況で、その方々の主張や、作者の籔内佐斗司氏の意見などが紹介されていました。

正直、私には「ひとつのイベントのマスコットキャラクターのデザインが気に入らないからと言って徹底して批判する」理由がよくわかりません。あくまでも報道を観る限りの知識ですが、反対している方々は奈良の方だそうですが、別に平城遷都1300年祭の関係者でもなさそうです。逆に関係者の方はマスコットキャラクターを企画した側だと思います。

現在、「籔内佐斗司の世界」というHP上で、マスコットキャラクターの批判メールに対して、籔内佐斗司氏が一通づつ答えたものが公開されています。それを見ると、読んでいて不快になる、あまりに酷い批判が感情的に書かれていて、それに対して籔内佐斗司氏が冷静に答えています。

これを見て思ったのですが、この批判メールを出した人は、『純粋にマスコットキャラクターが気に入らないという事以外のもの』を感じます。私のうがった見方ですが、この人たちはこの批判騒ぎに乗じて、怒りたい、人に暴言を吐きたい人たちではないでしょうか。マスコットキャラクターが気に入らないのは本当だとしても、その勢いで酷い言葉を言って憂さ晴らししているのではないでしょうか。

普通に抗議したいのであれば、適切な言葉の使い方があるはずです。現に、TVで話をされていた抗議団体の方は、きちんとした話し方をされていました。 それとは違い、ネット(メール)で、匿名で顔ももちろんでないのをいい事に、あえて酷い言葉で、もはや批判とも言えない暴言を吐く・・・このような人間こそ、「気持ち悪い」と思います。

マスコットキャラクターがふさわしいかどうかは別として、きちんと対応している籔内佐斗司氏と主催者がわは、評価されるべきだと思います。 [08/03/10 白石ニョッキー/オーマイニュース掲載記事]

|

« 出会い系サイト取材ライターが見る「出会い系サイト規制法」改正案 | トップページ | 「花粉症」“シーズン20”を迎えました。 »

ニュース・社会コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147091/41561851

この記事へのトラックバック一覧です: 平城遷都1300年祭マスコットキャラ騒動・そこまで騒ぐ?:

« 出会い系サイト取材ライターが見る「出会い系サイト規制法」改正案 | トップページ | 「花粉症」“シーズン20”を迎えました。 »