« 「R-1ぐらんぷり 2008」決勝進出者決定/予想と期待 | トップページ | 大ブレークの芋洗坂係長は“テンション”の人だった! »

R-1ぐらんぷり 2008決勝の感想と解説!

ピン芸(1人話芸)の日本一を決める「R-1ぐらんぷり 2008」が17日行われ、昨年の優勝者、なだぎ武が優勝し、2連覇を果たしました。
以下は各出場者の解説と感想です。

●COWCOW山田よし(吉本興業 東京)

TVドラマ「北の国から」の五郎のモノマネをしながら、フリップでやる「北の国から」ネタ。
ちょっとモノマネが中途半端だったのと(もともとネタで笑わせるコントなので似せる必要はないのだが)
「夕張メロン」の天丼のかぶせですが、この「夕張メロン」が面白い名前と絵だったら、面白くなったと思います。
(例えば、バカリズムの「トツギーノ」は、言葉も絵も面白かった)


●世界のナベアツ(吉本興業 東京)
得意の「3の時にアホになる」のロングバージョン。
さらに発展させ、漫談の中にもとり入れ、作りこんである。
分かりやすさを優先させたと思うのですが、私自身は世界のナベアツさんのファンなので、「こんなもんじゃない」
と思いました。


●中山功太(吉本興業 大阪)
フリップネタでの「対義語」のネタ。同様のネタをやるピン芸人は、素人でもいますが、とてもしゃべりが上手く、またちょっとした演技も上手い。そして、落ち着いている。このあたりの技術が、「さすがプロ」だと言えます。
ネタも面白かった。しかし、しつこいですが同様のネタ(=台本。面白さも含めて)をやるピン芸人は、素人でもいます。


●なだぎ武〈ザ・プラン9〉(吉本興業 大阪)
コント内コントを2本。ネタ(台本)的には、普通のコントですが、得意の「動き」と「顔芸」で他の人にはできない独自のネタを作り出しました。
また、ファミコンネタは、個人的にはファミコン世代なので、かなり気に入りました。


●鳥居みゆき(サンミュージックプロダクション)
独特のテンションの高いキャラクターでするショートコント。
ベタなものとシュールなものを織り交ぜてテンポ良く見せました。
個人的には紙芝居のコントはセンスを感じました、また、ゴミ袋のネタはもう少し丁寧にやると面白く広がると思いました。この2つとも、シュールなコントなのですが、逆にキャラクターが強烈なので、コント事態はベタなほうが合っているのかも、と思いました。シュールなコントの場合は昔の「おとなしめのキャラ」のほうが良いかと思います。


●あべこうじ(吉本興業 東京)
オーソドックスな漫談。やはりしゃべりが上手いし、話としてもまとまっています。
ネタの中に大きなヤマが無かった。しかし、このまま「きっちりとした漫談をする芸人」として、続けていってほしいです。


●芋洗坂係長(トリガープロモーション)
全くの無名ながら、サプライズを起こしてくれました。M-1でもそうなのですが、無名で決勝に残るというのは、面白い証拠です。その外見だけで面白いのですが、まず軽いダンスを見せておいてのサラリーマンネタでの替え歌を2曲。その歌詞もダンスも見事に面白く仕上がっていましたし、その芸名と外見どおりのサラリーマンキャラで言ったのが観ている人の期待通りで、素直に笑えるものとなっていました。


●土肥ポン太(吉本興業 大阪)
物を使ったコネタを多数入れ込んだコント。
構成はよくできているのですが、やはり山が無いのが残念でした。


優勝者のなだぎ武、2位の芋洗坂係長はともにダンスと面白いキャラクターがあり、さらに世界のナベアツや鳥居みゆきも善戦した事を考えると、やはり「キャラクターがある」というのが強いと思います。これはこれからも変わらないと思います。

自分は昨年、今年と参加していませんでしたが第1回から2005年まで参加していました。
今回の決勝を見て来年また参加してみたくなりました。

[オーマイニュース掲載記事]

おもしろサッカーニュースリンク集
「お笑い!サッカー画像にひとこと

【就職・転職・バイト・仕事探しもん!】 【資料請求・サンプル・モニターもらいもん! 】

おもしろ!取寄スイーツの店TOP グルメ 取寄もんとレシピもん!TOP

フットサルの総合サイト!『フットサルジャパン.net』 TOP

おもしろサッカーアルゼンチンTOP

|

« 「R-1ぐらんぷり 2008」決勝進出者決定/予想と期待 | トップページ | 大ブレークの芋洗坂係長は“テンション”の人だった! »

お笑いコラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147091/40313329

この記事へのトラックバック一覧です: R-1ぐらんぷり 2008決勝の感想と解説!:

« 「R-1ぐらんぷり 2008」決勝進出者決定/予想と期待 | トップページ | 大ブレークの芋洗坂係長は“テンション”の人だった! »